コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川宇右衛門 なかがわ うえもん

2件 の用語解説(中川宇右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川宇右衛門 なかがわ-うえもん

1805-1865 幕末の武士。
文化2年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。用所役,蔵元両人役,遠近方,国事用掛,矢倉頭人などを歴任。保守恭順派の幹部。慶応元年勤王派に罷免され,閏(うるう)5月30日切腹。61歳。名は以徳。通称ははじめ登人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中川宇右衛門

没年:慶応1.閏5.30(1865.7.22)
生年:文化2(1805)
幕末の長州(萩)藩士。名は徳以,通称は,はじめ登人,のち宇右衛門。大組士で高100石。用所役としてペリー来航時の相州警衛に当たる。遠近方,蔵元両人役,矢倉頭人などを歴任し,椋梨藤太の勢力に近いが,財務の実務役人として重用された。万延1(1860)年7月に罷免。文久3(1863)年藩が京都を追われてから,椋梨らと政府を弾劾し,隠居の処分をされる。翌年,長州征討軍の到来により,赦免され,遠近方などに復帰,いわゆる正義派多数を処刑した。慶応1(1865)年1月,再起した正義派に罷免され,閏5月,野山獄で賜死。

(井上勝生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中川宇右衛門の関連キーワード宍戸左馬之介阿座上庄蔵石川厚狭介伊東禎蔵大穂能一津田愛之助豊田謙次乃美織江林良輔藤田広見

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone