中川正春(読み)なかがわ まさはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川正春 なかがわ-まさはる

1950- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和25年6月10日生まれ。昭和58年三重県県会議員。平成5年自民党を離党して日本新党に入党。8年新進党からたち,衆議院議員初当選(当選7回)。のち民政党をへて,9年民主党にくわわる。民主党税制調査会会長,文部科学副大臣などを歴任し,23年野田連立内閣で文部科学相として初入閣。24年野田改造内閣・第2次改造内閣で内閣府特命担当相(防災・「新しい公共」・男女共同参画),公務員制度改革担当につく。三重県出身。アメリカ・ジョージタウン大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中川正春の関連情報