コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中平竜之助 なかひら りゅうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中平竜之助 なかひら-りゅうのすけ

1842-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)13年4月3日生まれ。文久3年郷里の土佐(高知県)をでて周防(すおう)(山口県)三田尻にいき忠勇隊にはいる。元治(げんじ)元年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩家老福原越後(えちご)らにしたがい京都にいく。禁門の変で重傷を負い,元治元年7月19日割腹した。23歳。名は定確(さだたか)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中平竜之助の関連キーワード尊攘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android