コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中心音 ちゅうしんおん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中心音
ちゅうしんおん

音楽理論用語。本来は,音楽的な運動の中心となる音の意味であるが,ヨーロッパ調性音楽以外の音楽の音階構造を分析するときに,調性音楽のための「主音」という用語を避けて「中心音」という語を用いることがある。同様のものに「核音」「中核音」「基礎音」などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の中心音の言及

【無調音楽】より

…広義には中心音をもたない音楽のことで,シェーンベルク,ウェーベルン,ベルクらの1908‐10年ころの作品から十二音技法による諸作品,同時期以降のスクリャービンのいくつかの作品,またその後今日に至るまでの,特定の中心音をもたない音楽全般を指す。その意味では,シェーンベルクの十二音技法は無調音楽の理論的組織化といえる。…

※「中心音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中心音の関連キーワードカッツ=チェルニン:シューベルト・ブルース/piano solo調(音楽理論用語)シェーンベルクテトラコード小出 浩平教会旋法無調音楽三味線転調旋法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中心音の関連情報