中有に迷う(読み)ちゅううにまよう

  • ちゅうう
  • に 迷(まよ)う
  • 中有

精選版 日本国語大辞典の解説

① 死後四九日の間、未来の生を受けないで、現世と冥途との間の暗い世界をさまよう。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「涙にくれ、足にまかせて落行ば、中有(チウウ)にまよふ罪人もおもひしられてあはれなり」
② (転じて) 色欲の世界などに迷う。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「いつまで色道の中有(チウウ)に迷(マヨ)ひ火宅の内のやけとまる事を知らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android