コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色道 シキドウ

大辞林 第三版の解説

しきどう【色道】

色事のみち。情事に関する事柄。 「いつまで-の中有に迷ひ/浮世草子・一代男 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の色道の言及

【遊郭(遊廓)】より

…これは遊郭設置の政治的意図にも反し,遊里を悪所(あくしよ)と呼んで遊女を蔑視(べつし)した社会通念とも矛盾するが,その点にこそ江戸時代文化の特質を認めるべきであろう。前期におけるおびただしい色道書の著作は,ひとえに遊郭の案内書的性格が強いとはいえ,ついに《色道大鏡》という大冊の金字塔を生むに至っている。たとえ求道精神が旺盛だとしても,売春に色道(好色道)を見いだしたのは決して個人の趣味に基づく発想でないだけに特異である。…

※「色道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

色道の関連キーワード活け物・生け物傾城禁短気焼け止まる遣り掛ける御前義経記五度の祝儀鼻に当てるにちを入るくぐもる浮世草子藤本箕山指を切る小切り目掻い取る堪忍強し詰掛ける田舎大尽建て続く呼び使ひ北条団水

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android