剥片石器(読み)はくへんせっき(英語表記)flake-tool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剥片石器
はくへんせっき
flake-tool

打製石器の一種。打製石器は基本的に石核石器剥片石器とに大別することができる。石材の外面を打剥加工して中身を石器に仕上げる前者に対し,剥片石器は石材の外面を次々に打剥した剥片をそのまま,あるいは整形加工を加え,鋭利な側縁を刃器として用いた石器。剥片石器は旧石器時代の初頭から新石器時代にいたるまでみられるが,その作製技法には非調整打面,亀甲状石核,円盤状石核,円錐ないし円筒状石核などとさまざまな発達段階が識別されるので特に重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

剥片石器【はくへんせっき】

原石から剥(は)ぎ取った石片を加工した石器。原石を調整し,それに石・角・骨などのハンマーで打撃を加えて同じ規格の石片を作り出す石刃技法によって素材を得る。この技法はヨーロッパの後期旧石器時代オーリニャック文化期に出現する。日本列島では後期旧石器時代からナイフ形石器・尖頭器・細石器・スクレーパーなどさまざまな剥片石器がつくられた。→打製石器
→関連項目アシュール文化アブビル文化沙苑文化石刃石器ソアン文化丁村遺跡茂呂遺跡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剥片石器
はくへんせっき

薄く剥(は)がされた石片(剥片)を素材としてつくられた石器で、石核石器と対比される。中期旧石器時代から新石器時代にかけて多用され、わが国では先土器時代から縄文時代の利器に顕著である。剥片石器の種類としては、ナイフ形石器(切ったり突き刺すための道具)、彫器(ちょうき)(溝(みぞ)を掘ったり刻むための道具)、掻器(そうき)・削器(さっき)(掻(か)きとったり削るための道具)、尖頭器(せんとうき)・石槍(せきそう)(突き刺すための道具)、揉錐(もみきり)器(穴をあけるための道具)、石鏃(せきぞく)(矢の先端)などがあげられる。以上のような、剥片に調整加工を加えて道具につくりあげるもののほかに、剥片をそのまま使用した例も少なくない。[戸沢充則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android