中村仙巌(読み)なかむら・せんがん

朝日日本歴史人物事典の解説

中村仙巌

没年:昭和4.3.10(1929)
生年:嘉永2.8.9(1849.9.25)
江戸末から明治大正期の曹洞宗の尼。諱は活道。越後二十村郷(新潟県長岡市)の中村裕太郎の4女。出家して悩める女性を救わんと,17歳で仏門に入る。京都などでの厳しい修行ののち,長岡に帰って児童教育に努め,また,明治20(1887)年には仙巌学園を創設,同28年に閉園したが,地方における女子教育の先駆といえる。その後も孤児の養育や尼の教育に励み,同40年には尼僧学林(新潟専門尼僧堂の前身)を創設,また,各地での説法も6000座を超える。大正7(1918)年中風を病み,約10年の療養生活ののちに没した。<参考文献>曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』,保阪玉泉『仙巌尼和尚伝』

(熊本英人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android