コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庵主 いおぬし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庵主
いおぬし

平安時代中期の紀行。増基法師著。1冊。熊野紀行,歌集,遠江紀行から成る歌日記的な紀行。没後の編か。増基は 10世紀後半の人で主と称し,『玄々集』 (能因撰) および『後拾遺集』以下の勅撰集に入集した歌僧

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あん‐じゅ【×庵主】

《古くは「あんしゅ」とも》
庵室の主人。
僧で庵室を構えている者。特に、尼寺の主である尼僧。
茶の湯で、草庵の茶室主人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

庵主【いおぬし】

平安中期の僧,増基の家集。《いほぬし》または《増基法師集》。古くは《庵主日記》,《庵主集》とも称された。〈庵主〉とは草庵生活をしていた増基法師の通称。〈熊野紀行〉〈雑纂歌集部〉〈遠江紀行〉の3部から成り,紀行を多く含む点を特徴とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あんしゅ【庵主】

あんじゅ【庵主】

〔「あんしゅ」とも〕
僧庵の主人。特に、尼僧。
庵室を構えている人。
茶室の主人。亭主。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

庵主の関連キーワード梵灯庵・梵燈庵高岡 智照尼好色一代女高岡智照尼増基(1)安国寺恵瓊水野常倫尼中村 仙巌広瀬 善順水野 常倫村山 古郷鍵和田秞子杉坂百明熊沢蕃山山路閑古高岡智照広瀬善順立花大亀笑雲清三堀内宗完

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庵主の関連情報