庵主(読み)いおぬし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庵主
いおぬし

平安時代中期の紀行。増基法師著。1冊。熊野紀行,歌集,遠江紀行から成る歌日記的な紀行。没後の編か。増基は 10世紀後半の人で主と称し,『玄々集』 (能因撰) および『後拾遺集』以下の勅撰集に入集した歌僧

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あん‐じゅ【×庵主】

《古くは「あんしゅ」とも》
庵室の主人。
僧で庵室を構えている者。特に、尼寺の主である尼僧。
茶の湯で、草庵の茶室主人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

庵主【いおぬし】

平安中期の僧,増基の家集。《いほぬし》または《増基法師集》。古くは《庵主日記》,《庵主集》とも称された。〈庵主〉とは草庵生活をしていた増基法師の通称。〈熊野紀行〉〈雑纂歌集部〉〈遠江紀行〉の3部から成り,紀行を多く含む点を特徴とする。増基は後の能因,西行ら,旅に生きた歌僧の先駆として注目される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あんしゅ【庵主】

あんじゅ【庵主】

〔「あんしゅ」とも〕
僧庵の主人。特に、尼僧。
庵室を構えている人。
茶室の主人。亭主。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あん‐しゅ【庵主】

あん‐じゅ【庵主】

〘名〙 (後世は「あんしゅ」)
庵室の主人。
※俳諧・炭俵(1694)序「この二三子庵に侍て火桶にけし炭をおこす。主これに口をほどけ」
② 仏道修行のために造られた庵室の主の僧。また、特に、尼寺の主である尼僧の呼び名。あんじゅう。あんず。
参天台五台山記(1072‐73)一「庵主印成闍梨知事共出来点茶」
黄表紙・敵討義女英(1795)下「髪をおろして姿をかへんと、かねてあんしゅ一音とふかく約束せり」
③ 特に、茶道で、草庵の茶室の主人をさす。

あん‐ず【庵主】

※天正本節用集(1590)「菴主 アンズ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

庵主の関連情報