コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村平左衛門 なかむら へいざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村平左衛門 なかむら-へいざえもん

1793-1867 江戸時代後期の治水家。
寛政5年生まれ。豊前(ぶぜん)企救(きく)郡(福岡県)などの手永(てなが)(小倉藩行政区画)の大庄屋をつとめる。京都郡(みやこぐん)延永(のぶなが)手永長木(おさぎ)村の大首谷(おおくびだに)池の改修など水利事業につくした。54年間にわたる日記は,当時を知る貴重な史料である。慶応3年3月27日死去。75歳。名は維良。字(あざな)は修卿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村平左衛門の関連キーワードルイ17世ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)ナザレ派イギリス領北アメリカ条例ルコック探偵グロー上田秋成

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android