コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手永 てなが

世界大百科事典 第2版の解説

てなが【手永】

近世,細川氏が豊前,肥後で設けた地方行政単位で,郡の下に30村程度を束ねる。慶長(1596‐1615)末年ごろ始めたらしい。北九州では手の届く範囲を〈てなが〉と言ったところから,これをとったという。1622年(元和8)豊前小倉藩領には73手永があった。細川氏は肥後入国後それまでの郷組制を手永制に切り替え,35年(寛永12)ごろの熊本藩領の手永数は100以上と推定される。幕末には51手永となる。1手永の石高は河江(ごうのえ)手永2万7231石から久木野(くぎの)手永518石まであり,平均1万石であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手永の関連キーワード中村平左衛門伊予田与八郎佐藤唯之允鹿子木量平篠原善兵衛大津[町]中村 八大土井一海工藤三助福田二城新垣樽助光永平蔵通潤橋大庄屋草役永隈府北部木山山手

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手永の関連情報