コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手永 てなが

1件 の用語解説(手永の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てなが【手永】

近世,細川氏が豊前,肥後で設けた地方行政単位で,郡の下に30村程度を束ねる。慶長(1596‐1615)末年ごろ始めたらしい。北九州では手の届く範囲を〈てなが〉と言ったところから,これをとったという。1622年(元和8)豊前小倉藩領には73手永があった。細川氏は肥後入国後それまでの郷組制を手永制に切り替え,35年(寛永12)ごろの熊本藩領の手永数は100以上と推定される。幕末には51手永となる。1手永の石高は河江(ごうのえ)手永2万7231石から久木野(くぎの)手永518石まであり,平均1万石であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手永の関連キーワード官治行政地方行政地方制度通判地方官地方機関地方行政官地方行政官庁地方行政機関肥後鐔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手永の関連情報