コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村昌生 なかむら まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村昌生 なかむら-まさお

1927- 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和2年8月2日生まれ。48年京都工芸繊維大教授となる。のち福井工大教授。茶室や数寄屋建築にとりくむ。著作「茶室の研究」で46年建築学会賞。平成3年白鳥公園「清羽亭」(名古屋市)で芸術院賞。愛知県出身。彦根工専(現滋賀大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村昌生の関連キーワード菅田庵(かんでんあん)待合(茶会)数寄屋造桝床の席澱看の席八窓の席恵観山荘長生庵桂離宮松花堂手水鉢露滴庵半床庵慈光院湘南亭今日庵建築家不審庵山雲床又新亭

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中村昌生の関連情報