コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村秀一郎 なかむら ひでいちろう

1件 の用語解説(中村秀一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村秀一郎 なかむら-ひでいちろう

1923- 昭和後期-平成時代の経済学者。
大正12年9月28日生まれ。静岡大助教授をへて,昭和39年専修大教授。平成元年多摩大教授。マルクス経済学理論の追究からテーマ中小企業論にうつし,実態分析をとおして現代産業研究に新分野をひらいた。東京出身。慶大卒。著作に「中堅企業論」「21世紀型中小企業」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の中村秀一郎の言及

【中堅企業】より

中小企業から成長し,まだ大企業にはなっていない独立企業。日本では1960年代の初めころから中堅企業という用語が使われだし,中村秀一郎がその国民経済的意義を明らかにして独自の概念構成を行った。すなわち,革新的な企業家活動によって中小企業から成長し,株式を公開して社会的な性格を強めながらも,依然として個性的な企業家によってリードされ,大企業のようにもっぱら組織によって運営されてはいない企業をいう。…

※「中村秀一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村秀一郎の関連キーワード稲田献一大石泰彦尾上久雄杉原四郎関根友彦竹本洋根岸隆菱山泉日高普室田武

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone