コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村魚眼 なかむら ぎょがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村魚眼 なかむら-ぎょがん

?-? 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂難波新地の茶屋中村屋の主人。寛政-文化(1789-1818)のころに活躍。作品の大半は菅(すが)専助,並木翁輔(おうすけ)らとの合作であった。号は魚岸,魚丸とも。作品に「浪華名所古跡辻(なにわめいしょこせきのつじ)」「有職鎌倉山(ゆうしょくかまくらやま)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村魚眼の関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android