コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村魚眼 なかむら ぎょがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村魚眼 なかむら-ぎょがん

?-? 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂難波新地の茶屋中村屋の主人。寛政-文化(1789-1818)のころに活躍。作品の大半は菅(すが)専助,並木翁輔(おうすけ)らとの合作であった。号は魚岸,魚丸とも。作品に「浪華名所古跡辻(なにわめいしょこせきのつじ)」「有職鎌倉山(ゆうしょくかまくらやま)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村魚眼の関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android