中村魚眼(読み)なかむら ぎょがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「中村魚眼」の解説

中村魚眼 なかむら-ぎょがん

?-? 江戸時代中期-後期浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂難波新地の茶屋中村屋の主人。寛政-文化(1789-1818)のころに活躍。作品の大半は(すが)専助,並木翁輔(おうすけ)らとの合作であった。号は魚岸,魚丸とも。作品に「浪華名所古跡辻(なにわめいしょこせきのつじ)」「有職鎌倉山(ゆうしょくかまくらやま)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android