コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村魚眼 なかむら ぎょがん

1件 の用語解説(中村魚眼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村魚眼 なかむら-ぎょがん

?-? 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
大坂難波新地の茶屋中村屋の主人。寛政-文化(1789-1818)のころに活躍。作品の大半は菅(すが)専助,並木翁輔(おうすけ)らとの合作であった。号は魚岸,魚丸とも。作品に「浪華名所古跡辻(なにわめいしょこせきのつじ)」「有職鎌倉山(ゆうしょくかまくらやま)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村魚眼の関連キーワード世話浄瑠璃江戸太夫意教江戸半太夫(2代)江戸半太夫(3代)かほ一佐中竹本播磨少掾(2代)立花河内十寸見河丈(3代)松田ばく

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone