中根喜三郎(読み)なかね きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中根喜三郎 なかね-きさぶろう

1931- 昭和後期-平成時代の江戸和竿(わざお)職人。
昭和6年8月19日生まれ。初代林家三平の妻・海老名香葉子の兄。昭和26年釣竿作りをはじめ,31年独立。49年竿忠4代を襲名。平成8年黄綬褒章。11年荒川区指定無形文化財保持者。江戸和竿協同組合理事長をつとめた。27年名誉都民。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android