コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中欧決済同盟 ちゅうおうけっさいどうめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中欧決済同盟
ちゅうおうけっさいどうめい

国連の国際経済社会局が 1990年7月に発表した「世界経済概観 1990」の中で,ソ連と東欧諸国の市場経済への移行支援のために創設を提唱した経済援助機関構想。これらの国々が市場経済を確立するまでの間,輸入決済の肩代わりや,外貨融資を行なうことを目指す。このため ECを中心にした西側先進諸国に,5年間で総額 25億ドルの出資を求めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中欧決済同盟の関連キーワード国連

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android