コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松伸 たかまつしん

3件 の用語解説(高松伸の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高松伸【たかまつしん】

建築家。島根県生れ。京大建築学科卒,同大学院修了。1980年高松伸建築設計事務所設立。〈織陣〉(京都,1981年―1986年),〈ARK〉(京都,1983年)などの機械を連想させる独自の形態によって評価を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高松伸 たかまつ-しん

1948- 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和23年8月5日生まれ。昭和55年高松伸建築設計事務所をひらく。ポストモダニズムの旗手のひとりとして活躍。平成元年キリンプラザ・大阪で建築学会賞。8年植田正治写真美術館芸術選奨。9年京大教授。作品はほかに先斗町のお茶屋,ARK,国立劇場おきなわなど。島根県出身。京大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高松伸
たかまつしん
(1948― )

建築家。島根県生まれ。1971年(昭和46)、京都大学工学部建築学科卒業。1974年、同大学院修士課程修了。1975年まで川崎清環境建築事務所で働く。1980年、京都大学大学院工学研究科建築専攻博士課程修了。同年、高松伸建築設計事務所を設立。建築家渡辺豊和らと建築雑誌『極』を編集。大阪芸術大学京都工芸繊維大学などで教鞭をとり、1997年(平成9)京都大学教授。初期の作品は、城戸クリニック(1978、京都府)や山口写真館(1980、京都府)が示すように、コンクリート現代建築であった。しかし、高松の才能は、線路横の機関車のようなARK/仁科(にしな)歯科医院(1983、京都府)など、機械を思わせるメタリックなデザインにおいて本領を発揮する。
 1980年代、高松は過剰な装飾をもつ建築を精力的に発表し、ポスト・モダンの建築家として頭角を現す。とくに織陣社屋ビル(1981、京都府)は、赤御影(みかげ)石の彫刻のようなファサード、真鍮(しんちゅう)の鋲(びょう)、えぐられた開口をもち、第二次世界大戦後活躍した建築家、白井晟一(せいいち)を連想させる艶(つや)やかな作品であった。その後、織陣2(1982)、織陣3(1986)を増築しているが、作品はどれもインパクトのあるデザインである。また、高松は商店建築の分野における活躍が著しい。京都の北山通りには、いずれも高松の設計によるWEEK(1986)、イニング23(1987)、OXY(1989)、そして翼を広げたオブジェのようなSYNTAX(1990)などの商業施設がたつ。そのほかキリンプラザ大阪(1987。日本建築学会賞)は、80年代の高松を代表する作品である。シンボリックな4本の光の塔をもち、平面の計画よりも、ランドマークとしての外観に重点を置く。御影石、アルミ、ステンレスなど素材へのフェティシズム、左右だけではなく、上下にも対称性の強いファサードなどには、高松作品の特徴が凝縮されている。こうしたイメージは、独特な質感のあるドローイングでも効果的に表現され、装飾のモチーフとして機械を参照している。その美学は、ウィーンの建築家であるオットー・ワーグナーやハンス・ホラインの作品を彷彿(ほうふつ)させる。
 高松の作品は関西に集中していたが、90年代初頭、円筒のミラーガラスが中央に立つ元赤坂今西ビル(1991)や、ロボットのような多角形の商業施設、オクタゴン恵比須(1992)など、東京にも高松の作品が登場した。渋谷区のオフィスビル、アーステクチャー・サブ・ワン(1991)も、蝶(ちょう)の羽をイメージしたメタリックな造形であるが、ほとんどの部分を地下に埋め、トップライトを兼ねるエントランスのみを地上に置く。仁摩(にま)サンドミュージアム(1990、島根県)でも、砂に埋もれた建築を試みており、作風の変化を感じさせる。
 1990年代からは、出身地である島根県を中心に公共施設を手がけている。デザイン的には、機械的なイメージよりも透明性を強調するようになった。ほかにはフェリーターミナル「メテオプラザ」(1995、島根県)のように、円錐(えんすい)形を好んで用いること、装飾的な要素が減少したことが指摘できる。キリン本社ビル(1995、東京都)の内部は濃密な空間であるが、外観は透明なガラスのファサードが包む。この時期の代表作は、複合施設くにびきメッセ(1993、島根県)である。ガラスの箱の内部に円錐や球を配し、生物の体内をのぞいているような印象を与える。
 京都府文化賞功労賞(1994)、AIA(アメリカ建築家協会)名誉会員(1995)、ドイツ建築家協会名誉会員(1996)、RIBA(英国王立建築協会)会員(2001)。そのほかの主な建築作品に先斗(ぽんと)町のお茶屋(1982)、西福寺(1982、岐阜県)、歯科医院兼住宅「ファラオ」(1984)、商業施設ソラリス(1990、兵庫県)、上野グリーンクラブ(1992、東京都)、植田正治写真美術館(正称伯耆町立写真美術館。1995、鳥取県。芸術選奨文部大臣賞)、浜田市世界こども美術館創作活動館(1996)、みなとさかい交流館(1997、鳥取県)、蒲郡情報ネットワークセンター(1998、愛知県)、能勢妙見山(のせみょうけんざん)信徒会館「星嶺(せいれい)」(1998、大阪府。BCS賞)、ワコール本社ビル(1999、京都府)など。著書に『僕は、時計職人のように』(1987)、『陽のかたち』(1995)、『建築と私』(2001、監修)などがある。[五十嵐太郎]
『『僕は、時計職人のように』(1987・住まいの図書館出版局) ▽『陽のかたち』(1995・筑摩書房) ▽『別冊新建築 日本現代建築家シリーズ19 高松伸1980-1998』(1998・新建築社) ▽高松伸監修『建築と私』(2001・京都大学学術出版会) ▽『Works高松伸』(1984・グラフィック社) ▽『現代の建築家 高松伸』(1989・鹿島出版会) ▽『GAアーキテクト9 高松伸』(1990・エーディーエー・エディタ・トーキョー) ▽「高松伸建築展」カタログ(1995・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高松伸の関連キーワード池原義郎毛綱毅曠東孝光石井和紘高橋靗一中村昌生宮内嘉久宮脇檀森京介山本理顕

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高松伸の関連情報