コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中江松窠 なかえ しょうか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中江松窠 なかえ-しょうか

1748-1816 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家。
寛延元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)(一説に京都)の人。もと黄檗(おうばく)宗の僧。文人画,詩,書,琴,篆刻など五芸をよくし五適山人などと称した。文化13年5月13日死去。69歳。本名は杜澂(徴)。字(あざな)は澂公,師叔。別号に華亭道人,看雲子など。著作に「盛世翰藪(かんそう)」「杜氏徴古画伝」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中江松窠の関連キーワードバイロン大槻朝元吉田文三郎(初代)クロプシュトック寛延クロプシュトックイギリス・フランス植民地戦争人間機械論(ラ・メトリの著書)ラ・メトリ元素発見史(年表)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android