コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中江松窠 なかえ しょうか

1件 の用語解説(中江松窠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中江松窠 なかえ-しょうか

1748-1816 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家。
寛延元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)(一説に京都)の人。もと黄檗(おうばく)宗の僧。文人画,詩,書,琴,篆刻など五芸をよくし五適山人などと称した。文化13年5月13日死去。69歳。本名は杜澂(徴)。字(あざな)は澂公,師叔。別号に華亭道人,看雲子など。著作に「盛世翰藪(かんそう)」「杜氏徴古画伝」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中江松窠の関連キーワード大槻朝元吉田文三郎(初代)寛延堀内家ボップマリア[1世]高山陣屋跡ナポリ王国ヘーゲル(年譜)犯罪の増加(ロシアの)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone