中江松窠(読み)なかえ しょうか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中江松窠 なかえ-しょうか

1748-1816 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家。
寛延元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)(一説に京都)の人。もと黄檗(おうばく)宗の僧。文人画,詩,書,琴,篆刻など五芸をよくし五適山人などと称した。文化13年5月13日死去。69歳。本名は杜澂(徴)。字(あざな)は澂公,師叔。別号に華亭道人,看雲子など。著作に「盛世翰藪(かんそう)」「杜氏徴古画伝」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android