中沢桂(読み)なかざわ かつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中沢桂 なかざわ-かつら

1933- 昭和後期-平成時代のソプラノ歌手。
昭和8年11月23日満州(中国東北部)ハルビン生まれ。34年長門美保歌劇団の「ルサルカ」でオペラデビュー。35年プラハの春国際音楽コンクール3位,52年ウィンナーワルド-オペラ大賞。二期会を中心に活躍し,当たり役に「夕鶴」のつう役がある。東京芸大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中沢桂の関連情報