中浮(読み)ちゅううき

  • ちゅううけ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 水面と水底の中間にとどまって浮いているもの。また、その状態。
※幻談(1938)〈幸田露伴〉「竿を〈略〉折らぬやうに加減をしながらグイと引きました。すると中浮(チュウウキ)になってゐた御客様は出て来ない訳には行きませんでした」
〘名〙 扇の一つ。上端がやや狭く開いた扇。中啓(ちゅうけい)より開きの少ないもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android