中濃 教篤(読み)ナカノウ キョウトク

20世紀日本人名事典の解説

中濃 教篤
ナカノウ キョウトク

昭和・平成期の僧侶,宗教評論家 領玄寺住職;アジア仏教徒平和会議日本センター理事長;元・日蓮宗現代宗教研究所長。



生年
大正13(1924)年3月30日

没年
平成15(2003)年4月30日

出生地
神奈川県

学歴〔年〕
立正大学仏教学科〔昭和20年〕卒

経歴
昭和46年より8年間、日蓮宗現代宗教研究所長を経て、顧問。日本宗教者平和協議会常任理事。また、インドシナ人民の平和と独立運動に共鳴し、パリ世界集会やアジア仏教徒平和会議などに参加。副会長や日本センター理事長などを務めた。宗教平和運動の歴史にも造詣が深かった。著書に「中国共産党の宗教政策」「天皇制国家と植民地伝道」「近代日本の宗教と政治」「宗教の課題と実践」「庭野日敬」「現代に生きる仏教」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android