コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庭野日敬 にわのにっきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庭野日敬
にわのにっきょう

[生]1906.11.15. 新潟
[没]1999.10.4. 東京
宗教家,立正佼成会開祖。本名は庭野鹿蔵。十日町市の農家の次男として生れ,小学校卒業後,1924年に上京し,働きながら易学などを学ぶ。次女の病気を機に霊友会入信する。 38年会長・小谷喜美への反発から脱会して,長沼妙佼とともに大日本立正交成会を設立,43年会長に就任する。第2次世界大戦後は立正交成会と改称し,さらに 60年に立正佼成会と改める。 65年新日本宗教団体連合会理事長に就任,活動の幅を社会救済へと広げた。世界宗教者平和会議 WCRPを組織し,世界宗教者会議日本委員会委員長をつとめるなど,諸宗教間の対話交流の促進に尽力した。 79年宗教界のノーベル賞といわれる「宗教における進歩のためのテンプルトン賞」を日本人で初めて受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

庭野日敬【にわのにっきょう】

宗教家で立正佼成(りっしょうこうせい)会の開祖。旧名鹿蔵(しかぞう)。新潟県生れ。小学校卒業後に16歳で上京。1938年に長沼政(のちの長沼妙佼脇祖(わきそ))とともに大日本立正交成会(1960年に立正佼成会と改称)を設立し,のち開祖となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

庭野日敬 にわの-にっきょう

1906-1999 昭和-平成時代の宗教家。
明治39年11月15日生まれ。昭和9年次女の病気を契機に霊友会に入信。13年長沼妙佼(みょうこう)とともに霊友会を脱退し大日本立正交成会を創立,18年会長となる。35年立正佼成会と改称,平成3年会長をしりぞき,開祖となった。昭和47年世界宗教者会議日本委員会委員長。平成11年10月4日死去。92歳。新潟県出身。本名は鹿蔵。著作に「新釈法華三部経」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にわのにっきょう【庭野日敬】

1906(明治39)‐
立正佼成会会長。本名は鹿蔵。新潟県中魚沼郡十日町の農家の次男として生まれた。1923年上京し,31年漬物店を開業。長女の病気から天狗不動信仰の女行者綱木梅野に入信,小林晟高に姓名学を学んだ。34年次女の病気から霊友会に入会,新井助信に法華教を学び,みずからの信仰を法華信仰に統一した。38年霊友会を脱会,長沼妙佼と大日本立正交成会を設立,43年会長に就任し,立正佼成会の指導者として大教団となる基盤を築いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にわのにっきょう【庭野日敬】

1906~1999) 宗教家・立正佼成会開祖。新潟県生まれ。1938年(昭和13)長沼妙佼と大日本立正交成会(60年立正佼成会に改称)を創立。布教の一方、ユニセフ支援などにも尽力、世界宗教者平和会議の主導者としても活躍した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庭野日敬
にわのにっきょう
(1906―1999)

宗教家、立正佼成会(りっしょうこうせいかい)初代会長。旧名鹿蔵(しかぞう)、画号越仙。新潟県中魚沼郡十日町大字菅沼(すがぬま)(現、十日町市)の農業庭野重吉(じゅうきち)の次男。幼少年期に祖父と小学校長より「人様のためになる人間になれ」「神仏を敬(うやま)え」と教えられ無条件で守る。23歳ころから宗教的なものに興味を抱き、六曜(ろくよう)・七神、姓名学、不動信仰を経て、次女の病が機縁で霊友会支部長新井助信(あらいすけのぶ)を訪ね即日入会した。同氏に師事し『法華経(ほけきょう)』を学ぶ。1938年(昭和13)長沼妙佼(みょうこう)と「大日本立正交成会」(現、立正佼成会)を創立。会長としてつねに布教の先頭にたち、65年(昭和40)第二バチカン公会議で教皇パウルス6世と会見、以後『法華経』弘法(ぐほう)の使命に基づく世界平和実現のため「世界宗教者平和会議」の主導者として活躍した。国連軍縮特別総会では、非政府組織(NGO)の代表として核兵器廃絶を訴えた。79年「宗教界のノーベル賞」といわれるテンプルトン賞受賞。1991年(平成3)、会長位を長男の日鑛(にちこう)に譲り、「開祖」となった。[大島宏之]
『庭野日敬著『私の履歴書』(1982・日本経済新聞社) ▽立正佼成会編・刊『庭野日敬法話選集』全8巻(1978~83)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の庭野日敬の言及

【立正佼成会】より

…東京都杉並区に本部を置く仏教日蓮系の教団。1938年庭野日敬(につきよう)を中心に創立。庭野はそれまで大日本霊友会の会員であったから,その先祖の成仏と人格の完成を願う信仰を受けつぎながら,《法華経》への帰依を鮮明にすることを主張して出発した。…

※「庭野日敬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庭野日敬の関連キーワード中濃 教篤長沼 妙佼宗教家新宗教布教

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android