コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中用権

1件 の用語解説(中用権の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

中用権

「中用権」とは、無効審判請求登録前の実施による通常実施権(特許法第80条1項)のことをいう。過誤により重複特許がなされた場合は、後願者の特許が無効審判によって無効にされることがある。当該特許が有効であると信じて事業を開始したにもかかわらず、その特許が無効とされると事業設備を使用できなくなり、特許法の目的である産業の発展に則さないのが「中用権」が創設された理由である。なお、「中用権」は対価の支払いを必要とする。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中用権の関連キーワード先使用権公判請求付審判請求と決定拒絶査定不服審判後用権審決取消訴訟前置審査訂正審判特許無効審判請求法定通常実施権

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone