コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣大嶋 なかとみのおおしま

2件 の用語解説(中臣大嶋の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

中臣大嶋

没年:持統7.3.11?(693.4.21)
生年:生年不詳
7世紀後半の官人。渠毎(許米)の子。藤原朝臣姓で記される例もある。天武10(681)年帝紀,上古諸事を記定し,自ら筆を執って記録したという。同12年伊勢王らと共に天下を巡行して諸国の境界を定め,朱鳥1(686)年来日した新羅使を饗するために筑紫(福岡県)に赴くなど,内政・外交両面で活躍している。同年天武天皇の殯宮で兵政官の事を誄したとあり,また持統4(690)年持統天皇即位の際には神祇伯として天神寿詞を読んだといい,律令国家確立期にあって,政祭両面で重要な役割を果たしていた。また草壁皇子のために,粟原寺(跡地は桜井市)の建立を発願するなど仏教にも理解を示すほか,『懐風藻』に漢詩2首を残す文人でもあった。

(森公章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかとみのおおしま【中臣大嶋】

?‐693?(持統7?)
天武・持統朝の高官。藤原大嶋ともいう。鎌足の従弟渠毎(こめ)の子で中臣金(くがね)の甥。兄の僧安達(あんだち)は653年(白雉4)遣唐使とともに渡唐,以後不明。大嶋は鎌足,金の後を継いで朝廷で中臣氏を代表する地位につき,681年(天武10)には帝紀と上古諸事の記定に,683年には諸国境界の確定に,686年の天武病没の際は誄(しのびごと)(弔辞)奉進にそれぞれ参加,持統朝でも中納言(《懐風藻》では大納言),また神祇官の長官として祭祀を主宰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

中臣大嶋の関連キーワード最低賃金青葉山最勝会半減期紀麻呂百済王善光巨勢邑治巨勢麻呂泰澄多治比池守

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone