中華門(読み)ちゅうかもん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ちゅうかもん【中華門】

中国の江蘇(こうそ)省の南京(ナンキン)市南部、雨花台に向かう途中にある城門。明時代には「聚宝門」と呼ばれ、1931年に現在の名称になる。南京城最大の城門であり、東西の長さ128m、南北の長さ129m、面積は1万6512m2の四重の大門である。1957年に江蘇省人民委員会によって江蘇省文物保護単位に指定され、1988年、国務院により全国重点文物保護単位に指定された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中華門の関連情報