中野信夫(読み)なかの のぶお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野信夫 なかの-のぶお

1910-2010 昭和-平成時代の社会運動家,医師。
明治43年9月1日生まれ。大阪の東成診療所で無産者診療活動にあたる。昭和11年川上貫一らと青年医師クラブをつくり,「医療と社会」を編集。戦後は京都医療社会化連盟を結成し,45年全国保険医団体連合会の初代会長となった。平成22年1月16日死去。99歳。京都出身。大阪医専(現・大阪医大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android