コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中阿含 ちゅうあごん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中阿含
ちゅうあごん

北方系仏教に伝えられた原始仏教経典の一つ。 60巻,222の典を総称したもの。中くらいの長さの諸経を集録してあるが,内容は主として四諦,十二因縁,譬喩などから成っている。阿含は āgamaの音写で,「伝承聖典」の意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中阿含の関連キーワードリチャード ピッシェルビャクダン上毛野大川四阿含経四阿含阿含経道具法主解脱

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android