原始仏教(読み)げんしぶっきょう

デジタル大辞泉の解説

げんし‐ぶっきょう〔‐ブツケウ〕【原始仏教】

釈迦の在世時代から直弟子たちの時代までの仏教。各部派に分裂する以前の、初期の仏教。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんしぶっきょう【原始仏教】

初期のインド仏教。釈迦の開教から部派の分裂が始まる前までの仏教。ほぼ釈迦の教えがそのまま遵奉されていたとみなされる。根本仏教。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原始仏教
げんしぶっきょう

ゴータマ・ブッダ(釈迦(しゃか))時代からアショカ王(在位前268~前232)ごろまでの仏教。初期仏教ともいう。ブッダの年代論に約100年の差をもつ2説があるため、それは約150年間とも、約250年間とも数えられる。原始仏教資料といわれるものは新旧さまざまなものからなり、すべてを仏説に帰することはできないが、仏滅直後のいわゆる第一結集(けつじゅう)において仏説の中核が確認、編集され、それが口伝(くでん)の間に増広や付加や再編集などを経て、やがていわゆる五部四阿含(あごん)の経蔵と律蔵が成立する。厳密な意味での仏説はすべてこのなかに収められて、それ以外にはない。それ以前に九部経、十二部経があったと推察されるが、名称のみ残っていて実質は現存しない。この時代はほぼ仏説をそのまま遵奉して、教団の結束を固め、しだいに中インド一帯から全インドに拡大したが、そのなかにやがて保守と進歩の2派の分裂がおこり、仏教は次の部派仏教へと進んだ。[三枝充悳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

げんし‐ぶっきょう ‥ブッケウ【原始仏教】

〘名〙 いろいろな派に分裂しはじめる以前の初期の仏教。つまり釈迦の在世時代からその弟子たちまでの時代の教理教団の活動をいう。仏教経典は仏滅後に書き留められたものであるが、阿含(あごん)経と総称されるそれらの経典には釈迦、また弟子たちの言葉と思われる、古い原型的なものがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の原始仏教の言及

【初期仏教】より

…釈迦によって創始され,彼の滅後直弟子たちが発展させた初期の仏教をいう。通常用いられる原始仏教という時代区分より,やや狭義のニュアンスがあるように思われる。 釈迦の時代のインドは,鉄器の利用により農産物が豊富になり富裕な商工業者が現れ,社会は爛熟し,旧来のベーダ,ウパニシャッドに基づくバラモン教に疑問をもつ自由思想家が多く輩出し,釈迦もその中の一人であった。…

【仏教】より

…また,部派ごとに教理の研究(アビダルマ)を競ったのでアビダルマ仏教ともいう。これに対し,分裂以前を初期仏教あるいは原始仏教と呼んでいる。おもな部派としては,上座部の系統で北インドに勢力のあった説一切有部(略称有部),化地部(けじぶ),法蔵部など,西インドに勢力をもった犢子部(とくしぶ)などがあり,有部からさらに経量部(きようりようぶ)が分出した。…

※「原始仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原始仏教の関連情報