コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿含 あごん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿含
あごん

サンスクリット語 āgamaの音写。「来ること」のから,釈尊によって説かれ後世に伝承された教えの意となった。釈尊の教えを伝えた聖典をさし,大乗仏教興起以後は,部派仏教のもつ経典をさすようになった。天台宗などで釈尊の説法を時間的に5つに分ける場合 (五時八教 ) ,『華厳経』を説いたのちの 12年間を阿含時といい,この期間にこの典を説いたとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あごん【×含】

《〈〉āgamaの音写。来ることの意》
《万法の帰するところの意から》釈迦の説いた教え。経典。
小乗仏教異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

阿含【あごん】

パーリ語agamaの音写で,伝承を意味する。仏陀の教説の最も古い形を伝える経典の総称。漢訳では四つの阿含として,パーリ語では5部として伝えられる。阿含の内容をなす個々の経典の成立時期は長期間にわたっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あごん【阿含】

釈尊の説教をまとめた初期仏教聖典。サンスクリットの〈アーガマāgama〉を音写した語。アーガマは〈伝承された教え〉を意味する。釈尊すなわちゴータマ・ブッダの入滅後,その教法(ダンマ)や教団規律(ビナヤ)は,記憶しやすい詩や短文の形で,口伝によって継承された。その後教団の確立にしたがい,教法は《経蔵Sutta‐piṭaka》に,規律は《律蔵Vinaya‐piṭaka》に,それぞれ集大成された。このうち経蔵は,長,中,相応,増支の阿含あるいはニカーヤnikāya(部)に分けられていて,全体を総称して阿含,阿含経という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あごん【阿含】

〘仏〙 釈迦の説いた教法のことで、原始仏教の教典のこと。大乗仏教以後は、小乗仏教の教典のこと。阿含経あごんきよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の阿含の言及

【初期仏教】より

… 初期仏教の教団は,修行者(出家)と在俗信者(在家)から成り,釈迦は出家に対しては上述の修行をすすめ,在家に対しては施論(慈悲をもって生きとし生けるものを愛し,特に出家者へ布施を行うこと),戒論(在家の五戒すなわち不殺生,不偸盗,不邪淫,不妄語,不飲酒の各戒を守ること),生天論(以上の二つを行えば,死後天に生まれる)の三つをすすめたといわれている。 初期仏教の聖典としては,スリランカに伝わるパーリ語で書かれた5部のニカーヤnikāya,漢訳として伝わる4部の阿含(あごん)(アーガマāgama)その他がある。仏教【加藤 純章】。…

【仏典】より

…国により宗派により多種多様であるが,基本的には経,律,論の〈三蔵〉にまとめられる。〈経蔵〉は釈迦の教説の集成で,〈法〉とも〈阿含(あごん)〉(聖なる伝承)ともいわれる。〈律蔵〉は釈迦によって制定された教団の規則類の集成である。…

※「阿含」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

阿含の関連キーワードリチャード ピッシェルゴータマ・ブッダサンスクリット語大正新脩大蔵経阿含・桐山杯雨車軸の如し優填王思慕像増谷 文雄高畠 寛我上毛野大川大般涅槃経求那跋陀羅六十二見原始仏教根本仏教仏陀耶舎井山裕太南方仏教四阿含経椎尾弁匡

阿含の関連情報