コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸山 薫 マルヤマ カオル

20世紀日本人名事典の解説

丸山 薫
マルヤマ カオル

昭和期の詩人



生年
明治32(1899)年6月8日

没年
昭和49(1974)年10月21日

出生地
大分県大分町(現・大分市)

出身地
愛知県豊橋市

学歴〔年〕
東京帝大国文科〔昭和3年〕中退

主な受賞名〔年〕
文芸汎論詩集賞(第1回)〔昭和10年〕「幼年」,中日文化賞(第10回)〔昭和32年〕

経歴
海にあこがれ東京高等商船学校に入学するが、病気で中退し、三高から東大に進む。東大在学中、第9次「新思潮」や「椎の木」に参加し、昭和7年「帆・ランプ・鷗」を刊行。9年堀辰雄らと「四季」を創刊し、10年「幼年」で文芸汎論詩集賞を受賞。20年から3年間山形県西村山郡西山村に疎開し、小学校教師の傍ら詩作をつづけ、24年から愛知大学に勤務、34年教授となる。その間、32年に第10回の中日文化賞を受賞。42年「四季」を復刊してその経営に尽力する。「鶴の葬式」「物象詩集」「点鐘鳴るところ」「北国」「仙境」「花の芯」「連れ去られた海」「月渡る」などの詩集のほか、小説集「蝙蝠館」、「丸山薫全集」(全5巻 角川書店)などがある。平成5年には英訳書も出版された。6年愛知県豊橋市により丸山薫賞が創設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

丸山 薫 (まるやま かおる)

生年月日:1899年6月8日
昭和時代の詩人
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

丸山 薫の関連キーワード戦国武士の有給休暇独立プロダクション四季(詩雑誌)帆・ランプ・鴎マークスの山新築地劇団薄田 研二ボルテール築地小劇場小山 正孝帆ランプ鴎丸山 定夫百田宗治立原道造新藤凉子5月3日津村信夫中江俊夫クイール生年月日

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android