幼年(読み)ヨウネン

  • ようねん エウ‥
  • ようねん〔エウ〕

デジタル大辞泉の解説

おさない年齢。また、その子供。少年より年若い年齢をいう。「幼年向きの本」「幼年期」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① おさない年齢。また、その子。弱年。
※万葉(8C後)一七・三九六九・題詞「幼年未山柿之門
※正法眼蔵(1231‐53)行持下「姓謝氏、幼年より垂釣をこのむ」 〔後漢書‐閻皇后紀〕
② 江戸時代、未成年者のこと。庶民の間ではふつう一五歳未満をいったが、武士については一一歳以上一七歳までをいった。公事方御定書では、一五歳未満の者の特定の犯罪につき刑罰を減軽する処置をとっている。
※禁令考‐後集・第四・巻三二・安永元年(1772)一二月一四日「十四歳より内之ものを幼年之御仕置申付」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幼年の関連情報