丸山勝広(読み)まるやま かつひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸山勝広 まるやま-かつひろ

1914-1992 昭和後期-平成時代の音楽家。
大正3年3月31日生まれ。昭和20年生地の群馬県高崎市で市民オーケストラの設立に参加。32年群馬交響楽団と改称したのちも事務局長,専務理事として運営にあたる。楽団誕生の経緯は「ここに泉あり」の題で映画化され,全国に知られた。平成4年2月28日死去。77歳。著作に「愛のシンフォニー」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸山勝広の関連情報