丸頭巾(読み)マルズキン

デジタル大辞泉の解説

まる‐ずきん〔‐ヅキン〕【丸頭巾】

僧・老人などが用いた、上部を丸く作った頭巾焙烙(ほうろく)頭巾。大黒(だいこく)頭巾。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まるずきん【丸頭巾】

縁を縫い縮めて丸く作った頭巾。僧・老人などがかぶった。炮烙ほうろく頭巾。大黒だいこく頭巾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まる‐ずきん ‥ヅキン【丸頭巾】

〘名〙 上が焙烙(ほうろく)の形のような丸い頭巾。僧・老人のかぶりもの。焙烙頭巾。大黒頭巾。《季・冬》 〔俳諧・増山の井(1663)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の丸頭巾の言及

【頭巾】より

…これを大別すると,丸形,角形,袖形,ふろしき形がある。丸形は丸頭巾といわれ,円形の布をひだをとって袋状とし,頭の大きさに合わせてへりをとる。この丸い袋を大きくしたものが焙烙(ほうらく)頭巾で,三河万歳師が今も用いている。…

※「丸頭巾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android