コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焙烙 ほうろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焙烙
ほうろく

素焼の土製の平たい炒り鍋。火にかけて塩,茶,ごまなどを炒るのに多く用いられた。料理に焙烙焼 (蒸し) がある。烙を地方によってイリゴラ,イリガラというのは,イリガワラの方言で,ホイロ (焙炉) の器の意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ろく〔ハウ‐〕【××烙/××烙】

素焼きの、平たい土鍋。茶や豆、塩などをいるのに用いる。また、胡麻(ごま)や茶をいる専用の器として、縁が内側にめくれて、柄のついた小型のものもある。ほうらく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

焙烙【ほうろく】

素焼の浅い皿型の土器。灰焙烙といい,茶道で用いるものもある。火のあたりがやわらかいので,茶,ゴマ,豆などを炒(い)るのに適する。焙烙焼は塩と松葉を敷いた焙烙の上にマツタケ,白身魚,鶏肉,野菜などを置き,他の焙烙を蓋にして蒸し焼きしたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ほうらく【焙烙/炮烙】

ほうろく。⇒ほうろく

ほうろく【焙烙/炮烙】

茶葉・豆・ごま・塩などをいるための土鍋。素焼きの浅く丸い皿形のものと、やや小型の丸い鉢形で筒状の持ち手のついたものがある。底に松葉や塩などを敷いて魚介類・野菜・きのこなどを入れ、ふたをして蒸し焼きにした料理(ほうろく焼き)に用いることもある。◇「ほうらく」「いり鍋」ともいう。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焙烙
ほうろく

炮烙とも書く。また、ほうらくともいう。素焼の平たい土鍋(どなべ)で、米、ゴマ、豆、塩などを炒(い)るのに使われる。漢語の「炮烙(火刑の一種)」を語源とするのであろうが、ほかに「火色(ほいろ)の器(く)」から転じたとする説(『東雅(とうが)』)や、火にかけるときはゆっくりと中身を回転させなければならないので、その点が静御前(しずかごぜん)の法楽舞(ほうらくまい)に似ていることによるとする説(『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』)がある。『物類称呼(ぶつるいしょうこ)』によれば、京都では「いりごら(炒瓦)」、下総(しもうさ)では「いりがら」ともよぶという。摂津、河内(かわち)、播磨(はりま)を主産地とした。割れやすいものの代名詞に使われ、「焙烙千に槌(つち)一つ」(千個の焙烙でも一つの槌で割ることができる)などの諺(ことわざ)がある。[森谷尅久・伊東宗裕]

調理

焙烙は熱容量が大きいうえ、火の当たりが柔らかいので、食品をむらなく炒(い)るのに適している。食品を炒るので、炒り鍋(なべ)ともいう。また、焙烙に塩を敷いて、昆布や松葉をのせ、魚貝類、キノコ、ギンナンなどを入れ、焙烙を重ねて、蒸し焼きにする焙烙焼きにも利用される。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の焙烙の言及

【ほうろく(焙烙)】より

…火のあたりがやわらかいので,豆,ゴマ,茶などをいるのに適する。そのため,物炒り(ものいり)を物入りにかけて,出費の続くことを〈焙烙の行列〉というしゃれがある。ほうろく焼きは江戸時代から行われていた料理で,《料理談合集》(1822)には〈ほうろくへしほをもり,魚は何にてもしほの上へならへ,又,ほうろくをふたにして,上下に火を置てやく〉と見えるが,現在ではふつうオーブンで焼き,ポンスしょうゆで食べている。…

※「焙烙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

焙烙の関連キーワード日本料理/おもな調理用語焙烙割り・焙烙割焙烙焼き・焙烙焼ほうろく(焙烙)焙烙蒸し・焙烙蒸ホウロクイチゴ焼き玉・焼玉焼き塩・焼塩焙烙・炮烙いりでんべ杵屋勘五郎焙烙の一倍下取り焙烙大黒頭巾焼きいも焙烙頭巾耄碌頭巾パスティ焙烙割り焼き米

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焙烙の関連情報