コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波兼康 たんばの かねやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹波兼康 たんばの-かねやす

?-? 南北朝-室町時代の医師。
丹波冬康の孫。典薬頭(てんやくのかみ)。わが国最初の口歯科専門医といわれ,治療法は兼康流として代々つたえられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹波兼康
たんばのかねやす

生没年不詳。医家。平安中期の医家丹波康頼(やすより)の後裔(こうえい)である。康頼の子孫は代々侍医として朝廷に仕え、典薬頭(てんやくのかみ)あるいは施薬院使(せやくいんし)を兼ねた。兼康は室町時代の人とみられ、侍医として朝廷に仕えて、典薬頭を勤め、口科を専門としたと伝えられている。徳川幕府に口科の医官として知られた兼康家は丹波兼康の直系である。同じく徳川幕府の口科の医官金保(かねやす)家は丹波兼康の後裔の頼元(よりもと)の養子の玄泰(はるやす)の子孫であり、それより5代目の元孝(もとたか)は本道を修めて奥医師となり将軍吉宗(よしむね)に重用された。のちに多紀(たき)と改姓。[本間邦則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

丹波兼康の関連キーワード丹波親康丹波冬康室町時代南北朝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android