コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽氏 にわうじ

世界大百科事典 第2版の解説

にわうじ【丹羽氏】

近世大名で,2家ある。(1)もと三河一色にあって一色と称し,のち尾張丹羽郡に移り改姓。織田信雄(のぶかつ)に属し伊勢国に7000石を領したが,信雄配流により徳川家康に仕えて武蔵国に転じ,1600年(慶長5)三河伊保で1万石を与えられた。その後,美濃岩村,越後高柳,美作・河内両国の内,播磨三草と転封した。(2)もと武蔵児玉にあって児玉と称し,のち尾張丹羽郡に移り改姓。丹羽長秀は織田信長の重臣となり,その孫光重の代より陸奥二本松に定着した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の丹羽氏の言及

【大名】より

… ただし1ヵ国を領有する酒井氏(若狭12万石余で小浜に住する),松浦氏(壱岐等6万石余,肥前平戸),稲垣氏(志摩等3万石,鳥羽)の3家は,領地高が多くないので国主としない。 (2)准国主とは,位階が従四位下に進むと国主の仲間入りをする大名で,立花氏(筑後柳川11万石余),丹羽氏(陸奥二本松10万石余),伊達氏(伊予宇和島10万石)の3家である。 以上はおもに外様大名(豊臣政権下では豊臣氏の家臣という点で徳川氏と対等であった大名)を処遇する呼び方と考えてよい。…

※「丹羽氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丹羽氏の関連キーワード霞ヶ城県立自然公園安部井 磐根二本松[市]二本松万古焼二本松(市)日進(市)岩村[町]織田純一郎二本松城跡丹羽氏広丹羽氏信二本松城二本松市丹羽氏次丹羽氏音丹羽氏重丹羽氏福丹羽氏明相田信也丹羽氏定

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹羽氏の関連情報