コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主太陰日周潮 しゅたいいんにっしゅうちょうpricipal lunar diurnal tide 

海の事典の解説

主太陰日周潮

月による起潮力を調和分解して展開したとき、M2分潮に次いで大きな成分である。O1分潮とも呼ぶ。周期は25.82時間で、海面の凹凸が起潮力に静力学 的に釣り合ったとしたときの振幅(m)(係数と呼ぶ)が0.189である。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

主太陰日周潮の関連キーワード日周潮

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android