小林雄七郎(読み)こばやし ゆうしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林雄七郎 こばやし-ゆうしちろう

1846*-1891 明治時代の政治家。
弘化(こうか)2年12月23日生まれ。小林虎三郎の弟。もと越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。江戸でまなび,維新後は慶応義塾英書を研究。文部・大蔵・工部省などにつとめたのち,翻訳や政治小説などの著述,郷里子弟の育英事業にたずさわる。明治23年衆議院議員。明治24年4月4日死去。47歳。著作に「薩長土肥」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android