コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林雄七郎 こばやし ゆうしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林雄七郎 こばやし-ゆうしちろう

1846*-1891 明治時代の政治家。
弘化(こうか)2年12月23日生まれ。小林虎三郎の弟。もと越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。江戸でまなび,維新後は慶応義塾英書を研究。文部・大蔵・工部省などにつとめたのち,翻訳や政治小説などの著述,郷里子弟の育英事業にたずさわる。明治23年衆議院議員。明治24年4月4日死去。47歳。著作に「薩長土肥」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林雄七郎の関連キーワード半肩を担ぐ明治時代躍出識認顛墜周匝慣習利器長風成形景慕弘化大白降将創成

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android