コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林雄七郎 こばやし ゆうしちろう

1件 の用語解説(小林雄七郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林雄七郎 こばやし-ゆうしちろう

1846*-1891 明治時代の政治家。
弘化(こうか)2年12月23日生まれ。小林虎三郎の弟。もと越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。江戸でまなび,維新後は慶応義塾で英書を研究。文部・大蔵・工部省などにつとめたのち,翻訳や政治小説などの著述,郷里の子弟の育英事業にたずさわる。明治23年衆議院議員。明治24年4月4日死去。47歳。著作に「薩長土肥」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小林雄七郎の関連キーワード浮田桂造海野謙次郎小山内鉄弥小田貫一加賀美嘉兵衛(1)斎藤卯八長谷川太兵衛松田秀雄水島保太郎最上政三