コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世央 くぜ なかば

1件 の用語解説(久世央の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世央 くぜ-なかば

1822-1875 江戸後期-明治時代の和算家。
文政5年生まれ。越中(富山県)新川(にいかわ)郡の金沢藩領下砂子坂(しもすなござか)村の豪農。高木允胤にまなぶ。弘化(こうか)2年同藩の測量方となり,山廻役(やままわりやく)をつとめた。明治8年7月12日死去。54歳。前名は義胤。字(あざな)は中之(なかゆき)。通称は源作。著作に「求積精粗案」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久世央の関連キーワード呉来安昇斎一景関直吉関白駒堤玄徳椿月杵都静館田鶴丸溝口桂巌村瀬双石山田潮月

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone