コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保悳鄰 くぼ のりちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保悳鄰 くぼ-のりちか

1858-1919 明治-大正時代の神職。
安政5年8月生まれ。久保季茲(すえしげ)の子。国学をおさめ,明治6年教導職試補。17年皇典講究所(現国学院大)文学部助教,33年日枝(ひえ)神社宮司。のち東京府神職会長をつとめた。大正8年2月死去。62歳。江戸出身。著作に「清園淳辞集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久保悳鄰の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android