コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保季茲 くぼ すえしげ

2件 の用語解説(久保季茲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

久保季茲

幕府の医員・国学者。士族。号は杉乃舎・杉庵居士等。医術を幕医矢部泰安に学び、また神道を信じ国典の研究を勧めた。神祇官書記から宮内省御用掛等を経て、皇典講究所文学部教授に至る。著書に『祝詞略解』がある。明治19年(1886)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保季茲 くぼ-すえしげ

1830-1886 幕末-明治時代の国学者,神道家。
文政13年5月12日生まれ。鶴峯戊申(つるみね-しげのぶ)にまなぶ。家職の幕府医官をつとめる一方,尊王論に傾倒。維新後,大学大助教をへて皇典講究所(現国学院大)文学部教授。明治19年3月5日死去。57歳。江戸出身。通称は鎮吉,玄貞。号は琴書,杉廼舎。著作に「天津祝詞私考」「祝詞略解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久保季茲の関連キーワード可部赤迩渡辺真楫青木千枝赤井水雄小畑鹿太小島盛可関守雄服部正樹村田良穂吉野義巻

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone