乙矢(読み)おとや

精選版 日本国語大辞典「乙矢」の解説

おと‐や【乙矢】

〘名〙 に持った二本ののうちで、二番目に射る矢。二の矢。⇔甲矢(はや)
※宇津保(970‐999頃)内侍督「大鳥のはねやかたはになりぬらん今はをとやに霜のふるらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の乙矢の言及

【弓道】より

…鏃は古くは石,骨,銅製のものもあったが,多くは鉄製であり,その形状は使用目的によって多様である。なお,矢は2本(甲矢(はや),乙矢(おとや))を一手(ひとて)と呼び,4本を単位として使用することが一般的である。弽(ゆがけ)は弓を射る場合に右手にはめる手袋様のもので,鹿革で作られ,射の目的によって形や構造が相違する。…

※「乙矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android