コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲矢/兄矢/早矢 ハヤ

デジタル大辞泉の解説

は‐や【甲矢/兄矢/早矢】

2本持って射るのうち、初めに射る矢。矢をつがえたとき、3枚羽根の羽表が外側になり裏が前になる矢。→乙矢(おとや)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の甲矢/兄矢/早矢の言及

【弓道】より

…鏃は古くは石,骨,銅製のものもあったが,多くは鉄製であり,その形状は使用目的によって多様である。なお,矢は2本(甲矢(はや),乙矢(おとや))を一手(ひとて)と呼び,4本を単位として使用することが一般的である。弽(ゆがけ)は弓を射る場合に右手にはめる手袋様のもので,鹿革で作られ,射の目的によって形や構造が相違する。…

※「甲矢/兄矢/早矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲矢/兄矢/早矢の関連キーワード福田 把栗一手諸矢乙矢片矢