乙訓(読み)おとくに

精選版 日本国語大辞典の解説

おとくに【乙訓】

(「古事記」によれば、円野比売命(まとのひめのみこと)が己の醜い姿を恥じて、この地の淵に堕(お)ちたため、堕国(おちくに)と名づけられたが、のち、転じて弟国(おとくに)と呼ばれたことから) 京都府南部の郡。かつては東は桂川、南は淀川に境を接していたが、大原野、久世など大部分の地域が京都市に編入され、向日市・長岡京市が成立したため、現在は大山崎町一町から成る。古来、西国街道の要地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乙訓の関連情報