コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡京市 ながおかきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長岡京〔市〕
ながおかきょう

京都府南部の市。 1972年市制。市名は延暦3 (784) 年に桓武 (かんむ) 天皇がこの地付近に造営した長岡京に由来。桂川右岸の沖積平野と,その西の台地,丘陵にまたがる。台地,丘陵上は,たけのこ採取のためのモウソウチクの林が多い。京都や大阪への交通の便に恵まれ,1960年代から急速に宅地化が進行。電機,機械,製紙などの工業も行われる。史跡恵解山 (いげのやま) 古墳,ツツジの名所長岡天満宮をはじめ,浄土宗西山派の光明 (こうみょう) 寺には木造千手観音立像,真言宗の乙訓 (おとくに) 寺には木造毘沙門天立像の重要文化財がある。名神高速道路をはじめ JR東海道本線阪急電鉄京都線が通る。面積 19.17km2。人口 8万90(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながおかきょう‐し〔ながをかキヤウ‐〕【長岡京市】

長岡京

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

長岡京市の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール東映(株)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長岡京市の関連情報