コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九五式軽戦車 きゅうごしきけいせんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九五式軽戦車
きゅうごしきけいせんしゃ

ハ号とも呼ばれる。九七式中戦車とともに,日中戦争太平洋戦争を通じて旧日本陸軍の最も代表的な戦車。それまでの主力戦車であった八九式中戦車の速度が遅いため,1933年に設計を始め,34年に試作車完成。乗員3,全備重量 7400kg,120馬力ディーゼルエンジンで最高時速 40km,行動距離 250km。武装 37mm戦車砲1,7.7mm機関銃2。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九五式軽戦車の関連情報