九八式軽爆撃機(読み)きゅうはちしきけいばくげきき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九八式軽爆撃機
きゅうはちしきけいばくげきき

日本陸軍の爆撃機。川崎航空機の開発。 1938年に制式採用。日中戦争から太平洋戦争初期にかけて,近距離の爆撃に使われた代表的な単発軽爆撃機。爆弾倉を胴体内に収める新式の構造と装備を有し,月産 50機の記録をつくった。エンジンはハ8 (850馬力) 1,乗員2,全長 11.64m,総重量約 3600kg,最大速度時速 423km,航続距離約 1700km。武装は 7.7mm機関銃3,爆弾搭載量 300~450kg。総数 854機が製造された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android