コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新式 シンシキ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しき【新式】

[名・形動]
新たな形式。新しい方式。⇔旧式
型・デザインなどや、考え方・行動のしかたが新しいこと。また、そのさま。「新式の車両」⇔旧式
「野々宮君のような―な学者が」〈漱石三四郎
連歌や俳諧で、新しく定められた式目。特に、連歌の本式に対する称で、時代によって増補された式目をよぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

新式の関連キーワードブラウニング板倉氏新式目キュニョー黒田十兵衛独和大辞典山本七兵衛海賀 変哲連歌新式二条良基阿部政樹安藤忠義佐伯利麿谷口黙次青木鷺水筑波問答連歌本式連理秘抄応安新式田鎖綱紀連歌式目

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新式の関連情報