九尺二間(読み)クシャクニケン

デジタル大辞泉の解説

くしゃく‐にけん【九尺二間】

口9尺(約2.7メートル)、奥行き2間(約3.6メートル)の家の》きわめて狭い家。粗末な住居

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くしゃくにけん【九尺二間】

間口が九尺(約2.7メートル)、奥行が二間(約3.6メートル)の家。狭くて、みすぼらしい家のこと。 「 -の裏店うらだな

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くしゃく‐にけん【九尺二間】

〘名〙 間口(まぐち)九尺(約二・七メートル)奥行二間(約三・六メートル)の家。江戸時代、最も狭い住居の大きさ。転じて、粗末なむさくるしい住居や裏長屋をいう。九尺店(くしゃくだな)。九二間。
※咄本・都鄙談語(1773)巨燵「九尺二間(ケン)の裏店、夫婦して小僧をなぶり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android