コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏店(読み)ウラダナ

世界大百科事典 第2版の解説

うらだな【裏店】

江戸時代に江戸・大坂などの大都市の町人居住地で,表通りに面していない路地裏に建てられた小商人・職人・日雇いなど下層庶民の借家住居のこと。多くは長屋建てであったので裏長屋とも呼ばれる。江戸町人地の場合,基本的な町割りは,京間で60間四方の街区のまん中に,会所地という20間四方の空地をとり,街路に面した奥行き20間の部分を間口5~6間の短冊形に割って屋敷地とするものである。個々の屋敷地内の,表通りに沿った,奥行き5間ほどの表部分には,地主舗を出すか,または,地借といって,比較的富裕な商人が地主から土地を借りて自己資金で店舗を建てた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の裏店の言及

【店借】より

…近世において借家・店借の存在は,とりわけ都市域では量的にも質的にも重要な構成的比重をもった。都市に展開する多様な分業を底辺で支えた都市民衆の多くは,裏店(うらだな)と呼ばれる零細な棟割長屋の店借であり,彼らは家屋敷や動産の所持からまったく疎外されていたために,一つの階層を形成するに至った。このため,18世紀以降の諸都市において,借家・店借層の存在は,近世社会の矛盾の焦点の一つとなり,幕府や諸藩を悩ませ続けることになるのである。…

【長屋】より

…なかでも江戸,大坂など人口の密集した都市では,個々の町屋敷内の表通りに面していない裏側に建てられた〈裏長屋〉が数の上でも多かった。これは〈裏店(うらだな)〉とも呼ばれ,その住人は大工,左官,桶職などの職人や棒手振(ぼてふり)と呼ばれる天秤棒をかついで魚や野菜を売り歩く小商人,さらに鳶(とび)や其日稼(そのひかせぎ)の者と呼ばれた日雇など,さまざまな都市下層庶民であった。江戸の場合,裏長屋の1戸分は間口9尺~2間,奥行2間~2間半程度で,内部は畳部分に板の間と台所を兼ねた土間がつく1部屋の零細なものであった。…

※「裏店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android